自分のことじゃないのに日本のことを好きって言ってもらえるとなんだかうれしいよね。

ということでコピペの中でも一番好きな日本大好き外国人のコピペをまとめました。

日本びいきの外国人のほのぼのエピソードっていいよね。

暴君ハバネロとニック(仮名)

去年、仕事でニューヨークに行った時。
オフィスで紹介されたボスが辛党だった。
彼は何でもうんざりするくらいタバスコをかけるのよ、とか。
だから、日本から持ってきた暴君ハバネロをプレゼントした。
ニック(仮名)、日本のスナックだ。あげるよ。
うまそうなパッケージだな。ありがとう。←バリっと開ける。パクッ  ポテトだな。パクッ ボリボリ ふーん。
それで、聞きたいことがあるんだが、このプロモーション素材の、ふ ふ、
フォ━━(━(━(-( ( (゚ロ゚;) ) )-)━)━) ━━ !!!!!
リアルレイザーラモンHGと化すボス。

えー何コレ?マジうまくね?いやすげーわ!!バクッバクッバクッ
どこで売ってるの?日本?アジアンマーケット?ない?知らない?バクッバクッバクッ
うっわーいいわこれ!バクッバクッバクッ
おおぉぉ!燃える!燃える!バクッバクッバクッ
あーダメ!あーダメ!神様!信じられない!バクッバクッバクッ
(ここらへんでオフィスの人間が異常を察して集まってくる)
ノー!ノー!絶対あげないよ(誰もくれと言ってない)バクッバクッバクッ …アハァーーー!

すばらしい。君の部屋にあるスナックを全部売ってくれないか?
それは日本で買ったんだから、もうないよ。
( ゜д゜ ) ←本当にこんな顔した
日本に帰ってからもメールでハバネロ頼まれた。箱単位で。


ハバネロボスことニック(仮名)に箱詰めでブツを送った。
アメリカの役所に申請出すのめんどくさかった。
彼から感謝のメールが来たのでかいつまんで訳す。

君からハバネロを送ったという知らせを受け取ってから、私はアパートの玄関に座り、道ゆく人々を眺めながら、毎日、まるで少年のように デリバリーが来るのを待った。(寒すぎたので翌日から部屋の中へ移動したけど)
やがてついに運命の日、一人の男が大きな荷物を抱えてやってきた。
私は聖餐を受け取るにふさわしい態度で、彼を丁寧に迎えて、握手をし、暖めたスターバックスのボトルをサービスした。
そして「ありがとう!良い一日を!」と挨拶を交わして別れた。
私は記念すべき瞬間に備えてビールを用意した。
準備を整えて、わくわくしながら、うやうやしく箱を開けてみれば、それは妻が注文したキルト生地のセットだった。
両腕を振り回して窓から飛び降りないようにするのに大変な努力を要した。
君の荷物はその次の日に届いた。

アメリカにはデスレインというホットスナックがあると聞いたよ。という質問に対して:

そう、デスレインは知ってるよ。だがあれを食べるくらいならペッパーでもかじっていた方が経済的だ。

ニューヨークでも日系ストアでハバネロを売ってるらしい、という情報について:

すばらしい知らせをありがとう!
もううるさいFDAが君の手を煩わせることのないようにしたい。
しかし、私が探索行に出かけるには、妻からクルマを使う許しが下りるかどうかが問題だ。
何しろ、今から、彼女が帰宅したら夫がソファでキルト生地にくるまって飲んだくれて眠っていた件について説明しなければならないので。


ハバネロの話がウケてるので、そのボスのハバネロ送れメールに書いてあった言葉を載せとく。
訳すごくヘタだが
「ブッシュを支持しないが、対日関係を重視する彼の姿勢ゆえに、
タイラント・ハバネロは私の政治的信念を揺るがし始めている」

何言ってんだろう彼は(笑)

黒人の夫婦?と都内のパン屋さん

昨日、都内のパン屋さんの外で黒人の夫婦?を見かけました。
旦那が凄い勢いでレーズンパン?をもりもり食ってて、
隣で奥さんが一口頂戴とパンをむしりっ

夫「やばい、パンが旨すぎる。もう一個買ってくる」
妻「もう少しで晩御飯の時間でしょ、 レストランにいくんでしょ、もーーーっ」

夫、パン屋店内に。世に言うワクテカ状態で念入りに吟味、
トレイに一個だけのせてレジへ。で妻の待つ外へ。

夫「フレンチトーストー!……だと思うw」
妻「もう、晩御飯たべるんでしょ……でも美味しそう。あったかいー」
夫「暖めてくれた! (もぐもぐ) やっぱりフレンチトーストだ。これも美味しい」
妻「一人でばっかり食べないでよもうっ」
夫「そろそろレストランにいかなくちゃなぁ…… (じーっと店みてため息)どれもこれも美味しそう、困ったなぁ」
妻「もうっwだったら私も選ぶから買って帰ろう。 で夜に皆で食べよう(仲間がいるらしい)」
夫「日本のパンが美味しいなんて…… 大発見だ、お米の国日本じゃないんだな、大発見したぞ俺!」

妻、店に突撃トレイとトンクもって、目キラキラ。
旦那に向かって手招きしていた。

ステーキとインド人

インド人は牛は食わない
イギリス人はタコを食わない
そんなふうに思っていた時期が俺にもありました。

某学会にて、インド人の学者さんとお食事に。
スシやテンプラを食べたいデスネー、と教科書どおりのレスポンス。
全部揃ったお店へレツゴー。寿司もテンプラも気に入ってもらえて何より。

最後、メインディッシュとばかりに、飛騨牛のステーキ登場。
これはまずいかな、と一応伝える。インド人曰く、

「わたしは神を信仰しています。牛は神聖な動物であります。インドでは牛は神聖な動物なのです
 今回、私が牛を食べることで神はお怒りになることでしょう。
 しかしながら、皆さんのご好意を無駄にする事も、神の教えに反するものです。
 それならば私は、皆様との出会いに感謝して、牛を食べても神への敬意は変わらないことを選びたい。」

といって、お祈りのポーズをとって彼はステーキを食べた。
神様より、俺達をとってくれた彼に感動すら覚えた。

インド人「オイシイ!やはりステーキはレアが一番ですねー!いいタイミングです!」
ちょwwwwおまwwww

アメリカ人とカキフライ

会社の雨人と一緒に昼飯食った時

「日本でカキフライに出会って以来、
本国のパーティで先を争うように生牡蠣をバカスカ食ってる奴らを見て
『ああ彼達はカキフライの旨さを一生知らずに墓に入るんだ』と思うと自然に顔がゆるんでくる」
みたいな事を、カキフライ定食食いながら熱く語ってくれた。

て、カキフライ飲み屋で食わした時、
注意聞かずにかぶりついて口の中火傷したって
大騒ぎして文句たらたらだったの、あれてめーじゃねーかよw

ゴッツイ大男とかき氷

昨日スゲエ暑かったわけなんだが、外に出なきゃならん用事が出来てさ、
ゾンビみたいに徘徊してたわけよ。
で、道端に腐りかけのマグロみたいにだらーんとゴッツイ大男の
兄ちゃんが三匹座り込んでたのな。(白人弐黒人壱)
おそらくはどっかの米軍基地方面から流れてきたんだと思うんだが、
なんせ暑いじゃんよ。バテてたらしいのな。

他にも普通に木陰に他の日本人の皆さんが、ゆるゆるな感じで座り込んでたんだが、
なんせ暑いじゃんよ。手に手に近くの店のカキ氷を持っていたわけさ。
兄ちゃん三匹は最初皆がなに食ってるかよく分かってなかったらしいのよ。
で、だらーんとしてるなりに気になってたらしくて、遠目でチラチラ見てたのよ。
そこに俺も暑いもんでだるーくそこの店に行って、ハワイアンブルーの
デカイ方頼んだわけだ。店のオバチャンがカキ氷作るためにシャリシャリ機械で
削り始めると、それであ、あれは氷なんだね? 冷たいんだね(・∀・)?!と
分かったらしくて俺の後に並ぶ兄ちゃんたち。
俺の後でwktkでイチゴとレモンとメロンを頼む兄ちゃんたち。

何となくその場にいた奴らも兄ちゃんたちをぼんやり見てたのな。別に観察してた
わけじゃなくて、あー外人がカキ氷頼んでるなーくらいの気持ちだったと思う。
で、三人木陰に腰を降ろして、ものすごい幸せそうな顔して、スプーン大盛りで、
おんなじ動作で、おんなじ利き手で、おんなじタイミングでパクッと食ったわけよ。
で、おんなじタイミングでキーンと頭が痛くなったみたいで、
おんなじタイミングでオオウ……とこめかみを押える三人。

それ見てた奴らが全員同じタイミングで顔を伏せて、同じように肩を震わせ始めた。
黒人のあんちゃんがオーマイガッとか小さく呟いてるのが俺の距離なら聞こえてくんのよ。
それ同じように聞いたらしいカップルの肩の揺れが大きくなってもう爆笑寸前の危機だった。

断じてカレーではないが、カレーより何倍もうまい

知り合いのインド人のじいさん、もと軍人だけあっていかつい。
そのじいさんの口癖は、
「お前たち日本人がつくるカレーと称するもの、あれは断じてカレーではない。
しかしながらカレーより何倍もうまい。なんだあれは。」

パブでいかついニーチャンに絡まれた

先月までロンドンにいたんだが、パブでいかついニーチャンに絡まれたことがあってな

「お前は日本人か?お前もイギリスの飯は不味いって言うんだろ?(´・ω・`)」
「勘違いするなよ。我が国の飯が不味いんじゃない。お前の国が恵まれ過ぎなんだよ(´・ω・`)」

「ふざけるなよファッキンジャップが。俺だってミソスープ大好きだよ。メンタイコゥ食いてーよ(´・ω・`)」

「お前等は卑怯だ。ずるい。同じ島国でこの差はなんだよ糞が。ファック、ファッキンジャップ、シット、ファック(´;ω;`)」

初めて泣き上戸の外人を見た
夏に来日するらしいから美味い明太子を食わせてやる予定

カツカレーとネパール人

近所に最近カレー屋さんが出来て、そのカレー屋ってのが雰囲気からして「カレーライス」ではなく「カレー」屋だった

そんでそのカレー屋に入ったらなんとびっくりみんな中東系の方々!
「イッラッシャイマッセ!」って独特な訛りで案内されて、そのカレーも美味かった

いつしか常連になって店員のネパール人と仲良くなった

休日。そんな彼に頼まれ「カレーライス」を食べに行った時、事件が起こる

俺はカツカレー、彼は野菜カレーを頼んだ

そして2人で食った
「これはカレーじゃないが美味い」とか言って、とても気に入った様子

すると突然「コレはなんだ?」と俺のトンカツを奪って口に入れやがった!

「あ、それ…豚…」
俺は言いながら青ざめた。なんせ彼は豚を食ってはいけないイスラム(?)教の信者だったからだ

すると彼は
「なんだって?これが豚?何だって?おい!おい!」と発狂

しかし一度静まった途端
「…俺はKyotoに行くぞ…これから俺は仏教だ!…豚が食えないなんてダメだ!これを今すぐ母国のあいつらに伝えろ!」
とまた発狂…

今度一緒に寺回ってきます

サンマとアメリカ人

久々に早く家に帰って来られたのでサンマ焼いていたら、学生の頃知り合った米友人が
「日本のご飯美味しい!けど、これ以上染まったら国に帰れなくなる!!」
と突如叫んで家に閉じこもったので、栗ご飯のおにぎりと七輪とサンマもって
米人が住むアパートのベランダというか中庭的なところから窓に向かい
いい感じに出てきた匂いを団扇でぱたぱた送り続けていたら

「わかったよ!諦めればいいんだろ!!日本好きだからいいけどさ!!!」
と半切れで出てきたので、一緒にもさもさとサンマ食べたのを思い出した

「炭火のサンマの匂いなんてかがされたら釣られるに決まってるだろ!」と怒っていたし
今でも時折笑い話で文句を言うが、サンマの匂いで釣られる当たり
あの時点はもう染まりきっていて引くことは出来なかったと今でも思う

外国人スタッフと羊羹

和むかどうかは、わからんが投下してみる。
うちの会社はソフト開発しているんだが、何人か外国人がいる。
半年前のある日、徹夜作業の時に同僚のインド人と夜食の話に。
印「小腹減ったなぁ・・・夜食までは必要ないんだけど。」
俺「確かに、腹減ったなぁ」
印「チョコバーでも買ってくるかなぁ・・・でも太るし、買いに行くの面倒。」
俺「なら、これ食う?」<糖分補給に愛用している、コンビニで買った50円の小さな羊羹を差し出す。
印「何これ?(・~・)モグモグ・・・ウマー!もう一個頂戴!」
俺「いいよ、ほら・・・」
この流れを3回繰り返す。印度人羊羹の虜に。
この事が切欠で、開発に羊羹が侵食する事に・・・

以下、この半年のうちの開発の羊羹史
翌週、この印度人が羊羹箱買いし、会社の冷蔵庫の一角を占拠。上司に怒られる(つД`)
2週間後、印度人が他のスタッフに夜食羊羹について熱弁する。
3週間後、印度人の買い置きの羊羹が、他の外国人スタッフ多数に食われ(つД`)になる
一ヶ月後、うちの開発スタッフ過半数の簡易夜食用常備食が羊羹となる。
二ヵ月後、開発スタッフのなかで、羊羹がこし餡派と粒餡派で大論争になる、決着は着かず。
三ヶ月後、開発部の冷蔵庫の一角に羊羹(つぶ餡&濃し餡)が常備されているのが普通になる。
四ヶ月後、納期間際でスタッフ全員が徹夜になり、羊羹が切れて大問題になる。
     深夜、俺が大量の羊羹を買いにコンビニを走り回る羽目に(つД`)
五ヵ月後、午後三時の休憩にも、一部スタッフが羊羹を食べる様になる。
半年後の現在、三時の休憩に羊羹が「おやつ」として定着。

最近では、外国人スタッフも含め、お取り寄せ羊羹の試食会までするようにまでに。
ある欧州人スタッフ曰く、「羊羹は最高のガソリン」とまで断言する奴までいるし。
何はともあれ、この半年でうちの開発スタッフは羊羹に侵食された模様ですw


羊羹は急速な糖分補給食品として、開発スタッフに定着したね。
「羊羹が切れた!」事件は、ある意味社内の伝説になりつつある。
基本的に餡子が駄目な奴(日本人)もいるけど、漉し餡羊羹ならOK。
芋羊羹や栗羊羹は基本的に高いので、気軽にって訳ではないね。

○こし餡派対つぶ餡派の論争停戦の理由
俺(こし餡派)「あのー、羊羹論争なんですが、どうしましょう?仕事に支障が・・・」
上司(つぶ餡派)「なら、冷蔵庫に両方確保すりゃいいんじゃね?」スタッフ一同「上司公認キタ━q(゜∀゜)p━!!!!!!」

○芋羊羹について外国人スタッフの意見
・柔らかな甘みが好き、でも食べ過ぎちゃうから。おやつに。(欧州人1)
・たまにはいいと思う、でも毎日はコスト的に厳しいなぁ。(印度人)
・芋羊羹!芋羊羹!芋羊羹!買って来い!!1!(芋羊羹大好きな欧州人2)

○栗羊羹について外国人スタッフの意見
・基本的に重量感あるから、どっしりと食べたい時にはいいね。(米国人)
・好きだけど、夜食だと後で眠たくなるからなぁ。(欧州人1)
・栗羊羹キタワァ.*・゜゜・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*!!!!!☆(栗羊羹大好きベトナム人)

>水羊羹
新たな問題の予感・・・((((;゜д゜)))ガクガクブルブル
多分、皆知ったら、美味しい所探せとか言われるんだろうなぁ。
一番旨いのは、和菓子屋の出来立てのやつなのに・・・


>チョコバー@印度人
夜食としては、脂肪分で胃がもたれるから、あまり好きじゃないそうだ。
同じくこれが、開発スタッフの多数の意見。

>和菓子@外国人スタッフ
近場の和菓子屋で、各々好きな和菓子を買ってくる。
大体、大丈夫っぽい。中には「八つ橋」ですら、大丈夫な奴もいるし。
多分、「ういろう」は前に品評会で食ってなかったけなぁ?
似た様なものだから忘れた・・・特に印象が無かったような・・・

>竹入羊羹
今月の特選羊羹で、お取り寄せしましたが、何か。
やっぱり、竹から出すところを外国人スタッフに見せたら、喜んでたよ。
でも、スタッフ一同「旨いけど、高いよね。(´・ω・`)ショボーン」に。

>抹茶羊羹
うーん、うちの会社では、どちらかといえば、「おやつ」かな?
好みで缶の奴、たまに夜食で買ってくる奴いるけど。


>水羊羹
金曜売っている店、紹介してみた・・・
そしたら、その日の昼休みに、和菓子屋へ外国人ツアー状態にw;


その日、昼食を食べて暫くした後、例のインド人が・・・
印:(俺)、さっき言ってた「ミズヨーカン」って何さ?
俺:うーん、口じゃ説明できん。店近くだから今から行く?
米:うん、いいんじゃね。食後のデザートに。
欧:行こう!行こう!
そんな感じで、そこの和菓子屋に外国人スタッフを連れて行く。
先に外国人スタッフ達が入ったため、店員のおばちゃんが慌てる事に。
店:いらっしゃ・・・((((;゜д゜)))ガクガクブルブル
店:(((((((( ;゜Д゜)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク
俺:どもー、こんちは~。
店:あら~、なんだビックリしたわよ、も~・・・皆さん外国の方だけだと思って。
俺:あー、お騒がせしてすいません。
俺:水羊羹って、置いてます?皆に教えたら、食べたいって話で・・・
店:あら、本当?あるわよ~、皆の分でしょ?ちょっと待っててね。
テーブルの1つを占拠し待つこと数分、ついに水羊羹とご対面。
そして、一同水羊羹を食す・・・皆の反応は?
印:ちょっと甘くて・・・噛むとアンコの甘みキタ━q(゜∀゜)p━!!!!!!
欧:プニプニで、ヒンヤリで・・・これは(゜д゜)ウマー
米:もう、これはもう・・・(;´Д`)’`ァ’`ァ
一同ご満悦の様子。ちなみに俺は彼らの反応を楽しんでました。
皆、購入希望・・・6個で、300円。
外国人一同、「ちょっと高くねぇ?(´・ω・`)ショボーン」に。
「これは手間がかかる上に、長い時間を置けないから、仕方がないよ」と俺から補足。
そこで、インド人が「3時のおやつには、大丈夫?」との質問に・・・
おばちゃんから、「十分大丈夫だけど、でも出来るだけ早く食べないと
美味しくなくなっちゃうから」との忠告を受け、一同納得し購入。


ああ、ごめん。今気がついた。補足します。
その日行ったのは、インド人、米国人、欧州人の3人とです。

休憩時間の3時に、冷蔵庫で冷やしていた水羊羹を取り出す。
そこに、お昼を別にしていた外国人スタッフ二人が俺に対して、
連れて行かなかった事について、ブーイング。
お詫びに、俺の分を半分(3個づつ)にして、あげる。
一同:冷たくて美味い・・・美味すぎる(;´Д`)ハァハァ
俺:(こいつらの反応やっぱり面白れー・・・(・∀・)ニヤニヤ)
後日、別行動で行けなかった2人を、お店に連れて行き、(;´Д`)ハァハァさせて、
その反応を、俺が見て(・∀・)ニヤニヤしていましたが。
そして、何度か外国人スタッフ達が俺を強制連行して、
このお店でお買い物しに行く様に。
外国人スタッフだけだと、どうも店員のおばちゃんが不安な様子になるなので、
安心させる為の道具として、おいらが持って行かれます。
ちなみに、こんな感じ・・・
俺:もう昼か・・・飯行こう・・・
外1:(俺)、今日は○○にしませんか?
俺:いや、あそこは昨日食べたから、XX(和菓子屋とは反対方向の店)に行くよ。
外2:え~、○○にしましょうよぉ~。(この時点で二人が、俺の両肩を締め捕捉する)
俺:ちょwwwお前らwwww和菓子屋が目的かwwww
二人:はい。他の人にも頼まれてますから・・・
どう見てもCIAに捕捉された宇宙人状態です。本当にありがとうございました。
普段は普通にお願いされるだけなんだけど、時々奴等は禁断症状が出て暴走するらしいw
以上、和菓子屋ツアー話でした。


ついでに、現在の社内イベント情報・・・
「 最 強 の 味 噌 汁 の 具 、 討 論 会 開 催 中 」
誰が焚き付けたのか知らないが、絶賛白熱中です。
やべぇ、収集が着く見込みがないwwwww
しかし、どうでもいいが、海苔の味噌汁は美味いよな。
岩海苔は高くて頻繁には無理だけど、普段は刻み海苔を具にしている。
そんな俺は、内陸県出身www地元に海は無いwww
それじゃ、もう仕事に戻るよ(・∀・)ノシ


味噌汁の件、いつもの外国人スタッフに聞いてみた。
印:たまねぎ、それも一晩おいた奴ね。
米:うーん・・・豆腐と油揚げ・・・かなぁ。(候補が絞れなかったっぽい)
欧1:とりあえず、ダイコンとか(根菜類)で一晩放置したやつ。
欧2:トン汁!絶対トン汁!!あ~、食べたくなって来たじゃない!!!
ベトナム:お寿司屋に出て来る奴(多分、粗の赤出汁の事と思われる)

こんな風に各人バラバラでした。しかも皆通好み・・・
ちなみに、「なめこ」は大体不評ですた。ぬるぬる感が駄目っぽい。
それと、「冷汁」について説明したら、一同思わぬ盲点だったらしく、
作れとせがまれた。無理つったら恨まれた。(´・ω・`)ショボーン
さらに、この時期は、こいつを冷や飯に掛けて食うのが美味いんだよな。
下品だけど・・・と説明したら、さらに恨まれた。
俺が悪いんですか?il||li(つω-`。)il||li

さて、これを聞き出す時に面白い流れがあったので、それも投下してみる。
俺:君が思う、一番味噌汁に合う物って?
欧1:そりゃ決まっているだろう。「白いご飯」以外何があるってのさ?(`・ω・´)
俺:ぐふぉwww(マジ噴いた)、ごめん、味噌汁の具の方で。
欧1:そっちっすか・・・(´・ω・`)
これ聞いた時、こいつの中に「中の人」が存在していると一瞬本気で思った。
汁粉の話はしてないが、多分連中大丈夫かと。
欧州人が暖かいどら焼きを食べたいといって、どら焼きをレンジで軽くチンしてたし。
それを何事もなく、他の連中も真似して食っていた光景を目撃しているし。
日本食自体は大体大丈夫な連中って事に、遅まきながら最近気がついた。


本日の迷言・・・
とある会議後、廊下で大先輩のスタッフ達と不規則な生活について話していた時の事。
先1:いやー最近、また太ってねぇ、医者から散歩等の軽い運動を進められてねぇ。
先2:あー、わかりますよ。最近、足腰が弱くなっているの実感しますし・・・。
先3:でもねー、うちらの仕事って何があるか判らないでしょ?定期的に時間なんて取れないよ。
一同:う~ん・・・そうだねよねぇ。
先1:羊羹君も気を付けなよ、君の場合、特に太り過ぎだし。
俺:まぁ医者にも親にも、痩せろと強く言われてますからねぇ。(かなりのピザ)
先3:ぶっちゃけ俺の年になると、加齢臭が気になるし。
先1:実の所、娘に言われるんじゃないかって気になるしねぇ。
先2:わかりますよ、自分がオッサンって認めざる得なくなりますし。
俺:あ~・・・まぁ、俺、特に酷くなりそうな予感が。
先3:確かに、羊羹君の場合は酷そうだなwww
俺:ちょwwwそれ素で酷いですって(苦笑)
そこに通りすがりのインド人・・・
印度:皆さん、カレーの臭いなんて全然しないですよ?
一同:・・・(沈黙)・・・m9(^Д^)プギャー
印度:????・・・(´・ω・`)ショボーン
哀れ、インド人。
その後、俺から話の内容を説明したら、インド人から( ´,_ゝ`)プッと笑われた。
奴は直ぐに謝ったけど、一番哀れなのはネタにされて笑われた俺・・・(´・ω:;.:…


少し前の出来事、どうでもいい雑談。
お気に入りの曲を鼻歌で、一人寂しく仕事をしていたアフター9。
背後から、忍び寄る人影が・・・米国人ですた。
俺:♪~(Blurry / エースコンバット5で使用されていた曲 / Puddle of Mud)
米:羊羹さん、お疲れ様です。
俺:うわぁ!!!ビックリした!なんだ君か。(*´д`)(鼻歌聴かれて恥ずかしい)
米:羊羹さんて、Puddleの曲好き?
俺:まぁ、うん。これだけしかしらないけど。
米:あ~、あのゲームの影響ですね。(・∀・)にやにや
俺:そうすよ。そうですが、それが何か。(*´д`)(自分の趣味がバレて恥ずかしい)
米:いや~、あれは面白かったっすよね。そういや、次って何時出るんですかね?
俺:ああ、公式サイトに新作情報出るって載ってるけど・・・
米:本当に!?そいつは熱いぜ!!!+.(゜▽゜*)゜+.゜
俺:だけど、プラットホーム(ハード機)がX箱だって。
米:マジ!?仕事だけじゃなくて趣味までM$に侵食されんか~(´゜’ω゜`)ショボーン
米:ところで、羊羹さんって「ヴィーズ」って曲好きですよね?
俺:ヴィーズ?・・・ああ、もしかして「B’z」?もしそうなら、大好きだけど。
米:そう、「B’z」です。んで、羊羹さんって、CDとか持ってないですかね?
俺:ん~・・・新しいCDは持ってないけど、それでよければ。
米:いや、古い曲のCDが無いんで、ぜひ貸してもらえませんかね?
俺:今、机の中にあるから、それ貸すよ。
米:うわああ、本当ですか?+.(゜▽゜*)゜+.゜
CDを手渡すと、奴は満面の笑みで部屋を去った・・・俺独りを残して。
翌日、奴はCDの聞き過ぎで寝不足になって会社に出社したとさ。
目にクマ作ってきたからねぇ、どんなけ好きなんだかw


盆前にサポートと応援で欧州人と大阪に出張した時の事。
私は先発現地入り、この人は行きは羽田から飛行機ですた。
ちなみに、私は飛行機は2回しか乗った事が無い。
しかもつい最近、国内線・・・(´・ω・`)
速攻、脱線してごめん。んで、最終日前日の夕方、の話。
この欧州人、新幹線に乗った事がないらしく、
新幹線に乗りたいという話から。

俺:明日何時帰ろうか?
欧:明日も飛行機で帰るんですか?(´・ω・)
俺:そのつもりだけど、何か問題でも?欧:私新幹線に乗った事ないんで、出来れば・・・
俺:んじゃ、新幹線に切り替える?
欧:今からでも大丈夫なんですか?夏休み(盆休み)直前ですよ!?(´・ω・)
俺:東京方面行きは十分空いているはずだから、問題無いと思うよ。
欧:そうですか・・・(微妙にプルプル震えている)
俺:おい!大丈夫か!?(心配になる)
欧:新幹線キタ━─━─━─(゜∀゜)─━─━─━─━!!!!
この後、この人遠足の前の日の子供の様にwktkが止まらなかった模様。
ホテルに戻っても、新幹線について聞いてくるし。


翌日、現地の引継ぎスタッフに仕事を引き渡して、5時前に退社。
新大阪駅についたのが、5時半過ぎ、駅に入ると欧州人妙に心配しまくる。
欧:あの・・・チケットは買いました?(´・ω・)
俺:まだ、取ってないけど、大丈夫だって。
欧:席座れるんですかね?(´・ω・)
俺:大丈夫、指定席取るから。大丈夫だって!
欧:チケット高くないですか?自腹じゃないですよね?(´・ω・)
俺:高いけど、会社の経費で落としてもらうから大丈夫だって!!
欧:あっ!喫煙席ってあります?二人ともタバコ吸いますから(´・ω・)
俺:ほら!チケット買ったよ。喫煙の指定席!(手渡す)
欧:・・・・(黙っているが、何故か不安げ)・・・・(´・ω・)
俺:どうした?まだ何か心配な事でもあるのか?
欧:新幹線が・・・新幹線が見えない・・・(´・ω・)
俺:ここはプラットホームじゃねぇから、見えねぇよwwwww
切符売り場での「新幹線が見えない」発言は流石に噴いた。
発車まで20分程あったので、適当に土産物も購入と、駅弁購入。
その間、欧州人、俺に放置気味されたためかで半泣き状態に。(´;ω;)
(流石に五月蝿かったので、あえて放置したのも事実)


残り5分ちょっとのところで、ホームに向かう・・・最中の話。
俺:今回買った「のぞみ」っていう(東海道-山陽)新幹線の中では一番早いな。
欧:そうなんですか?
俺:途中駅も多いからね。簡単に言えば、新幹線の中でも、
  快速、特急みたいな扱いになる。
欧:へええぇぇ・・・そうなんだ(((゜∀゜)))←wktkが止まらない様子
そしてホームへ・・・ついに、欧州人と新幹線のご対面の時。
欧州人、異様に興奮するが、取った座席が後方車両なので、
あまり時間がなかったので、自分はさっさと移動する。
欧州人が付いて来ないので、やや不機嫌になりながら注意を促す。
欧:ちょwwwっうはwwwついにwwっうぇwww格好(・∀・)イイ!!
俺:よかったね、取った座席が遠いから急ぐよ。( ´∀`)
欧:しんかんせ━─━─━─(゜∀゜)─━─━─━─━ん!!!! ←聞いてない
俺:あぁ、これN700系だ。先月1日に導入された最新車両だよ。
欧:マジっすか!?((゜д゜≡゜д゜))
俺:まぁ、あんまり時間がないから、さっさと行くよ!( ´_ゝ`)
欧:マジっすか!?後もう少し・・・((゜д゜≡゜д゜))
俺:これ乗り遅れたら知らないからな、置いて行くよ!!(#´_ゝ`)
欧:ちょ・・・それ酷いですよぉヽ(`Д´)ノウワァァン!!


ゴネる欧州人を連れて乗車に。途中、グリーン車の中を通り、
欧州人に質問されるが、「あれはVIP席」の一言で質疑応答完了。
俺:もう!おまいは、もちつけwwww
欧:いやだって・・・何か、凄ぇし・・・((゜д゜≡゜д゜))
俺:まぁ、とりあえず、お茶でも飲んで落ち着けwww
欧:飛行機みたいに、シートベルト無いんですか?
俺:ねぇよwwwww大丈夫だってwww空は飛ばないからwwww
欧:それ笑い過ぎだよ、羊羹さん・・・(´・ω・)
俺:(咳払い)・・・いや、すまん、予想外の発言に笑ってしまったよ。
発車前のベルとアナウンスが流れ、ついに新幹線が動き出す・・・
ちなみに2列シート側で、欧州人を窓側に、俺通路側。
俺:俺、腹が減ったから先に弁当食べるよ。(昼食抜きだったので)
欧:・・・((゜д゜≡゜д゜))・・・((゜д゜≡゜д゜))・・・((゜д゜≡゜д゜)) ←聞いてない
俺:( ´_ゝ`)・・・・(ペットボトルのお茶を飲む)
欧:・・・((゜∀゜≡゜∀゜))・・・((゜∀゜≡゜∀゜))・・・((゜∀゜≡゜∀゜))
俺:( ´_ゝ`)・・・・(弁当のラップを取り、蓋を開ける)
欧:・・・(ついに動いた━━━━━━((((((゜∀゜))))))━━━━━━ぁ !!!!!)
俺:( ´_ゝ`)・・・・ペキッ!(割り箸を袋から取り出し、割る)
欧:・・・(加速も凄えええ━━≡゜∀゜)≡゜∀゜)≡゜∀゜)≡゜∀゜)≡゜∀゜)━━ぇ!!!!!)
俺:( ´_ゝ`)・・・(弁当うめぇwww)(遅すぎるランチタイムへと突入)
欧:・・・羊羹さん、何してるんすか。(´・ω・)
俺:いや、だって、さっき弁当食べるって言ってたじゃないの。(°Д°)ハァ?
欧:なんか、酷いっすよ・・・その興奮度は・・・(´・ω・`)ショボーン
俺って、いけない子?(´・ω・`)ショボーン


補足:さっきのは自分の座席に座った後ね。
その後、欧州人から説教というか・・・・何というか・・・
迸る愛情を>>1さんに向けて、切々説明する八頭身と、
それについて聞かされる>>1さん状態というか。
欧:いや、だって、あの巨体がF1並の速度を突っ走るんですよ!?
俺:まぁねぇ、判るけどさぁ。
欧:この凄さは、羊羹さんは解ってない!!!
俺:いや、そんなに興奮されても素で困るし。
欧:あぁ、この速さで、この乗り心地、しかもモーター車で・・・(;´Д`)ハァハァ
俺:もしかして、鉄道マニア?
欧:まぁ、そこまでじゃないですけど、興味はありますよ。
俺:そかそか・・・うん、それなら良い経験になったね。
欧:そうなんです!!それで!しかも、運行時間も正確という・・・・
俺:・・・(困ったなぁ)・・・(;´_ゝ`)
多少、自分も鉄分はありますが、流石に童心に還った大人を相手にするのは大変です。
まとめきれないので、後は(ry
俺、読書(麻生氏の「とてつもない日本」+レイモンド・チャンドラー「長いお別れ」)
欧州人、終始窓を眺め、wktkしまくりながら、東京駅まで、ひたすら窓を眺める。
そして、帰宅後、実家へ帰省する用意をしていた時の事。欧州人からのメールが・・・
「羊羹さん、今日はありがとうございました。今度また一緒に出張行きましょう」との事。
まぁ、奴が喜んでくれたのは何よりだが、付き添った俺は疲れた。
悪文ですんませんが、以上です。(・ω・)ノシ