今回は私の歯並びの状況をお話しします。




というのも実は歯列矯正の相談をするのは今回が初めてではないのです。
中学のころに一度、そして一年前にも一度。
合計今まで二回ほど矯正医に相談はしているのです。

中学のころは思春期ということもありつけるのが嫌で拒否してしまい、一年前は金銭的な理由ともう一つの理由でやめてしまいました。

そのため私は歯並びの状況を多少理解しています。

私の歯並びは開咬(かいこう)・オープンバイトと呼ばれる前歯に大きな隙間ができる不正咬合です。
この症状は前歯で物が噛めないほか、滑舌が悪くなるといった不正咬合です。

私は矯正医から特にひどい開咬であるといわれていました。
そのため長期間の治療と高い治療費を覚悟しています。

そのためこのブログでは開咬の症状の歯列矯正を扱った内容になります。

明日また更新します。
その時に前述したもう一つの理由についてお話します。